「Al-ways~走れ大学生~」秘話①

US-PR主宰の薄平です。みんな書いてくれないなと呟いたら、酒寄と港谷が書いてくれました。
まだまだみんな書いてくれると思います。後輩も書いてくれないかな、と呟いてみます。

US-PR#4も、US-PR#3と同じ形式で、後輩と先輩に分けた作品を作りました。
僕が先輩達の作品に出演しない理由はひとつ、出演するとかっこ悪いからです。
何故かっこ悪いかは、この「面接演劇」というスタイルにあります。

US-PR#3「LOVE SO-NG」が完全に演出家として作った作品で、「Al-ways~走れ大学生~」はその延長上の作品です。
d0217722_23183390.jpg

延長上というのも、究極的には「就職の面接」という場所は、「大学」を表現する場所だったので、「LOVE SO-NG」と描きたいことは変わらないんだなと気付いたことがありました。
ただ、今回は「LOVE SO-NG」ではなく、「Al-ways」であること「走れ大学生」に意味があります。
相性の話ではなく、今回はそれぞれの道に走っていく演劇です。

それでは、US-PR#4「Al-ways~走れ大学生~」秘話と舞台写真です。
d0217722_22305640.jpg


テーマは「『個』を強くする」から作り始めました。
最初はちゃんと脚本がありました。あるサークルのコミュニケーション能力のレベルが変わっていくという構成。しかし、結末があまりに面白くなかったので、一気に改変して、「個」を強くするとはどういうことかを「文章」「人間」「大学」で描くことにしました。
d0217722_22335871.jpg


アンケートに、アドリブ満載でしたね、と書かれている方が数人いらっしゃいましたが、実際アドリブらしいアドリブはありません。毎公演同じものをお客様にみせていますから、全部やることなすこと決まっています。間の長さや呼吸、癖まで。
アドリブがあったとしたら、初日に大久保がパンツを破いたぐらいです。

大学方針アナウンス後に出演者紹介。出演者の名前の由来が述べられます。
そして、「Always」ダンス。振付は森まりもさんです。
d0217722_2353039.jpg


SCENE1「TEXT」
d0217722_224348.jpg

本を読みなさいとよく言われると思います。何故、本を読むといいのか。
それは、本が「他人の人生の結晶」であり、人生の知恵だからです。
そして、「他人の人生の結晶」を自分に通すことで、他人の人生を「追体験」できるからです。
20歳のうちに、本を100冊読めば、100冊分の他人の人生を追体験したことになります。
経験で補えない知恵や判断を、他人から教わるのです。しかも、時代を超えた先人や、簡単に出会うことの出来ない成功者・失敗者から。

舞台に使用した本は、実際に役者達が影響を受けた本です。必死にアピールしてもらいました。
d0217722_22514018.jpg

BOOKOFF行きになったところでも、人には読んでもらえるわけですが、イメージは図書館に残しときたい本みたいな感じで作りました。

この写真、ジブリっぽくて好きです。アピールのすごさが伝わってきます。
d0217722_22591448.jpg

何も関係ないですがジブリ作品ではよく風が吹きます。風が吹くはずもないところで風が吹くのです。それには意味があるんだと宮崎監督が語ってました。何も関係のない話ですが。

なんばーわーん!
d0217722_2325960.jpg


サンボマスター「I love you」でダンス
d0217722_23232393.jpg

「知識だけで品格は高まらない」という言葉は、明治大学の教授斉藤孝先生が仰っていた言葉です。

SCENE2「HUMAN」
d0217722_2361160.jpg

大きな失敗談を全員に話してもらいました。そして、そこから得たことをも。
就活、教職、ゼミ、サークル、バイト、舞台、恋愛。
「個」を強くするという言葉から行き着いたことは、真に「個」が強い人間などいない、ということでした。完璧な人間なんていないから、人間は常に学び、成長しようとする、ということです。

伊藤くんは7ステージ全て、村田さんからふられます。
d0217722_23142218.jpg

d0217722_23164744.jpg


そんな日があったなぁと笑えたらいいのです。
d0217722_23275373.jpg

d0217722_23305974.jpg

失敗することを恐れない。それが、「個」を強くすることなのだと思います。

perfume「edge」でダンス。
d0217722_23353376.jpg

d0217722_23404745.jpg

液体状のものがどんどん固形化していき、走り出すというダンス。
集団でいることをやめて、「個」を作り、独立していくというダンスです。
d0217722_2338717.jpg

なかなか、これはやってみると疲れます。疲れるどころじゃないです。息がやばいです。
役者に酷なことを要求してしまいました。でも、彼らはめちゃくちゃカッコいいです。

・・・続く
[PR]

# by us-produce | 2012-02-21 00:11 | US-PR 写真

書くのに3時間かかりましたがお別れの挨拶です。

未来の話をします。

一人の会社員に好きな人ができ、晴れて交際できるようになり、円満にお付き合いを続け、結婚することになったとします。そして子供が生まれたとき。

きっと、面白そうなお芝居がやっていたら子供を連れて、見に行くのでしょう。たとえ子供にはまだ理解できずとも劇場に連れて行きそして子供に「どうだ、面白かったか」と聞く。隣には奥さんがいて「まだこの子にはわからないんじゃない?わたしもちょっとわからなかったし」と言ってきたらワガモノガオで解説するのです。「いいか、このお芝居が言いたいことはだな・・・」

出会う前にはこのような未来を想像することはできませんでした。現に僕の家庭、コウタニ家では行われなかった光景です。

僕は大学から演劇を始めました。ずっと剣道をやっていて、高校一年生のときに怪我をしてしまい、なんとかだましだまし引退までやってきました。そして無事に歩ける状態で引退でき、じゃあこれから何を中心に生きていこうと考え探しているときに演劇と出会いました。高校三年、付属校で大きく志望の学科を変えるということは大変珍しく、先生も何事かと思ったのでしょう。親身に話を聞いてくれてそして背中を押してくれました。

今回の座組の人たちはどうやって演劇に出会ったのでしょうか。いや、どうしてやってみようと思ったのでしょうか。気まぐれなのか、友達に連れられたのか、もう僕には演劇しかないぜと思っていたのでしょうか。



僕には、人には譲れないものというのが正直ありません。何をしても人並みです。
剣道も真剣に頑張れば頑張るほど能力の差が明確に見えていきました。悔しくて自分の限界を越えようとしたら体がおっつかなくて怪我をしました。演劇も、僕よりうまい人ばかりです。大学一年にして、その才能を近くで見てしまいました。なんだよそれとか思っちゃっていたかもしれません。

けども、演劇を続けます。僕よりお芝居が上手な子が辞めていっても僕は続けます。もっともっと演劇を一生懸命見続けていったら、自分の限界が見えて、周りとの才能の違いに苦しみぐちゃぐちゃーって気持ちになるかもしれません。でもまだ演劇を辞めません。

好きなことでココロが折れたとき、人は明確に道を失います。

はっきりと目の前が真っ白になります。


でも今、剣道をガチンコでできなくなって、あの時代が真っ白な霧の中に消えてってしまったかというとやっぱりそうじゃなくて、一生懸命打ち込んできたあの日々があったからこそ、今の一番に対して、真摯に取り組めるんだと思います。才能がないと嘆くより折れることにビクビクするよりひたすらに走り続けることに意味があるのだと思います。それはどのフィールドに行っても同じこと。

下手に才能があっちゃ、逃げ出したいときにもその責任から、逃げられなかったりしますからねえ。その点、逃げたくなったら一目散に逃げれるこの人並みな才能に感謝ですね。いつでも逃げれるから、今はもうちょっと戦ってみようかなと思える。

このバランスが、きっと大事なんだろうな。


・・・ぼく、一切us-produceのこと書いてませんねー。

なので最後に書こうかな。



us-produce。僕もうすぷろとずっと呼んでいました。うっすープロデュース。けどもいつの日か。第二回公演のテルコが終わったころからちょっとずつあすぷろと呼ぶようになってきました。みんなで考えながら作っていく、というスタイルが根付いてきたからだと思います。そしたらもう卒業ですよ。あーあ。たぶんちゃんとあすぷろって言ったの、20回もないや。まいったなー。許してうっすー

同期の人たち。えー。風邪引かずに元気でね。また会おう。そのときあすぷろのことをあの頃はよかったじゃなくて、そんな時代もあったねと笑おう。

後輩諸君。頑張ってください。悩んだらダサい先輩たちのことを見て、あの人たちより僕・私は優秀だと胸を張ってください。大丈夫です。あんたらならだいじょーぶ。

お客様。今まで本当にありがとうございました。いやー。どの公演も狭い中で汗ばっさばっさ飛ばしてごめんなさいでした。でも本当、いつも僕たちはあなた方からエネルギーをもらってました。


あー。ぼく、こういうの書くと意味わからないのに臭い文章になっちゃうし、しっちゃかめっちゃかだからこういう劇団ブログなんかに真面目に書いちゃいけないんだと思う。どっかのみるくてぃーで書いてりゃいいんだと思う。

ごめんなさい。


でも、ね。

最後のお別れですので。

みなさん、
またどこかでお会いしましょう。
それでは。
[PR]

# by us-produce | 2012-02-20 02:25 | お別れのあいさつ

「メトロ!」秘話。

US-PR主宰の薄平です。
US-PR#4御来場いただいた皆様、ありがとうございました。
おかげさまで、驚異的なアンケート率と過去最大動員数でした!!一枚一枚、丁寧に読ませてもらっています。

さて、US-PR#4から一週間が経ちました。
この舞台のように、終わってすぐにそれぞれがスタートしています。スタートできてない人もいますが、あと一ヶ月もすればスタートしてます。そのために、こんな作品にしたのですから。
名越くん、金原さんが素敵な記事を書いてくれて、みんな書きにくいのかな。
全員ブログがかけないほど忙しいという訳はないので、きっとわざと書いてないのです。

僕からは作品誕生秘話と舞台写真を。二つの記事に渡って、書きます。

今回は「メトロ!」
d0217722_23181256.jpg


「何のために大学生になるのか?」というテーマからスタート。
シャトルランで演劇、電車の風景で演劇、筋トレしながら演劇、ストレートに演劇。
様々な演劇形態に挑み、演出に頭を悩ませ、最終的に
「『演劇』をシャトルランしながら練習している部活」
といった形式をとった演劇になりました。
ぶっちゃけ、初めて脚本らしい脚本を書きました。

d0217722_23231541.jpg

縦と横のシャトルラン。ホイッスルと共に演じられるシーン。
祖母と母と娘の物語。
そして、娘の同輩と先輩と、見知らぬ他人の物語。
二つの物語と、繰り返される風景。重苦しく、温かく、どこか懐かしい風景。

仕事に疲れながらも面倒をみる母(右=森弓夏)と受験に項垂れる娘(左=菅野友美)。
d0217722_23354438.jpg

心配性でおせっかいな祖母(右=薄平広樹)。娘と祖母のしがらみや対立。
d0217722_23365333.jpg


洗濯物や掃除など、出来たことが出来なくなっていく祖母のストレス。
祖母に対するストレスや、大学受験に対する娘のストレス。
祖母と母は、教育方針の違いから、互いを遠く責めてしまう。
ダラダラすごす娘を不安に思う家族。「ありがとう」や「ごめんね」をいえない家族。
それでも、帰る場所があって、待っている人がいる。そんなイメージの話です。

また、なるべくバカでいてくださいという演出をつけた、高校生たち。
d0217722_032454.jpg

大学生になったら何をするか?とか、尊敬する人は誰か?といった、世間話をしています。
部活はバスケ部という設定でしたが、本番前には、もっと抽象的にしました。

先輩を尊敬する女子高生(中央=櫻井亜衣)とそれを冷やかす女子高生(左=菅野友美、右=岡本摩湖)
d0217722_2345264.jpg

自己推薦面接に励む女子高生(奥=安部麻里奈、前=岩井由紀子)
d0217722_23522980.jpg


二人の大学生の存在。

女子高生たちの先輩で、優しくて面白く、かつて高校では尊敬の的であったが、大学で打ち込めることを見つけることが出来ずに、バイトばかりしている大学生。(右=岩倉頌磨)
d0217722_23581849.jpg

そして、先輩の友人、目標をもった韓国留学生イ・スヨン(奥=永平こだま)。

d0217722_015513.jpg

「自分が好きなことをやるより、自分がやるべきことを好きになったほうがいい」という言葉を、女子高生に送るスヨン。

繰り返される風景。思い出される自分の姿。

十年後を想像する摩湖と友美。
d0217722_064883.jpg


母と祖母の、娘をめぐる対話。
d0217722_084430.jpg


大学生になったら何をしたいか?
d0217722_0105170.jpg


地面の下を彷徨い続け、どこに向かうのか。
d0217722_23261314.jpg



そして、演劇は中断され、一人走る娘。
走り走り、帰ってきた家。
母が出迎え「おばあちゃんに負担をかけないように、家事を二人で分担してやるよ」と約束をします。
d0217722_0145268.jpg


仕事がなくなった祖母。十年後について考えたことがあるかを聞く娘。
「十年後なんて、私なんかいなくなっているから考えてもしょうがない」と祖母は語る。
d0217722_0122316.jpg

ラストの「ひっこんでます」という言葉。これがメトロ!の中で一番意味があって好きな台詞です。

縦と横から次第に複雑に絡み、縦横無尽に物語が広がり、編み上げられるライン。
温められていく部屋で、一人考える娘。一人で考え、動く。

母も祖母も友人も、そして大学生も。
大事なのは、過去の自分にしがみつかず、明日は違う自分でいること。
d0217722_028171.jpg


大学生にも、受験生にも、大学にいってない人にも楽しめる作品になりました。

d0217722_2351942.jpg

メトロ!のメンバーです。メトロ!はこのメンバーじゃないと生まれない作品でした。
他の人達がやったら一見暗くなりがちな話を、彼らは突き抜けて明るい話にしてくれました。
舞台上に立っている彼らからは、前向きに生きるエネルギーを受け取ります。

「就活生になろう!」がどこに向かって歩いてるかわからないながらも、前に歩き続ける作品だとしたら、「メトロ!」は自分をリセットして、前に一歩踏み出そうとする作品です。
笑いと涙でいっぱいの作品となりました。
御来場いただいた皆様、ありがとうございました。

明日は、オールウェイズについて載せます。
[PR]

# by us-produce | 2012-02-20 00:58 | US-PR 写真

今まで本当にありがとうございました

金原さん同様、前回公演以来ブログ書いてませんでした。
はじめまして、または こんばんは、 キャストの酒寄です。

無事公演が終わって、今思い返してみると「本当に恵まれた団体だったんだな」と思います。

今回の公演、僕は千秋楽の公演が始まる前の客席の空気がとても好きでした。袖で待機しているとき、お客さんの楽しみにしてる感じが伝わってきたような気がしたからです。なんとも言葉にしにくいのですが、袖にもれてくるお客さんの声色が今までに聴いたことのないような声だったんです。

もしかしたら僕の気のせいなのかも知れません。でも、たぶん四公演あってこその空気だったんだと思います。

今回の、そして今までのUS-PRODUCEの公演にご来場してくださった方々、まことにありがとうございました。

そして今回、またこれまでのUS-PRODUCEの公演に携って下さった方々、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。僕の大学生活で皆さんに出会えたことは、僕にとって奇跡です。

こんなすごい人たちと会えて、こんなすごいことができるとは思ってなかったです。
大学入ってよかったなって思ってます。




写真は今までの公演の思い出の品々とかです

d0217722_2343394.jpg

[PR]

# by us-produce | 2012-02-19 23:11 | お別れのあいさつ

おもいのたけ

実はUS-PR#4始まってから、初のブログです。金原です。
拒否ってたわけではないです。ほんとにたまたま回って来なかったんです。んで、なぜか本番始ってから回ってくるとゆー酷な展開。まぁ無理ですよね。

あたしは未だにこのブログのシステムが分かっていないため、写真を付けるなどという高等技術ができるか分かりませんが、名越くんが貼った「家族みたいな」写真にきゅんときたので、頑張ってみようと思います、余裕があったら。


うっすーが千秋楽の前日に書いた記事に、US-PR発足前にあたしと会話したときのことが書かれてましたね。あたしも、本当に偶然、US-PR#4後の記事にはそのときの出来事を書こうと思っていたので、完全に先を越されましたが、すごい、あ、うっすーもそんな大昔のことを覚えてたんだ、って感慨深くなりました。

US-PR発足前のあたしは、普通に「舞台美術の人」で、自分自身の中では学内で俳優として演劇をする機会を既に失っちゃったなって、思ってました。別に群れるのは好きではなかったし、それでいいやって思ってもいました。
だから、うっすーが「もともとは役者なんでしょ?」と、それまで話したこともなかったあたしにそんな話を持ちかけてくれたのは、本当に奇跡で、このときまだ顔と名前の一致も危うかった源ちゃんや拓や張江とかと4年間も同じ舞台で作品を作って、向き合っていくことになるなんて本当に思いもしてなかったです。




あたしは、知ってる人も多いと思いますが、本当に口が悪いです。イライラしたり円滑に稽古や小屋入りが進まないと、どんどん言葉と態度が雑になります。ダメなんですけどね、こういうの。でも、今回のUS-PR#4では、そのあたしのギザギザした空気を、周りの4年が丸く研いでくれて、そしてそれにいかにあたしが支えられていて、頼っていて、ありがたく思っているか、すごく思い知らされました。本当に感謝してます、ありがとう。




役者兼制作をやっていて得だな思うことは、このUS-PRという団体を内からも外からも見られることです。なんか、稽古以外の事務的なことをやってる分、メンバーの成長が、すごく、分かる。なんか偉そうだけど。

拓は、すごくすごくたくましくなった。役者としても人間としても。
源ちゃんは、自分の意見を、濁さずにはっきり言うようになった。
名越は、きっちり自分の役割に自信と責任を持つようになった。
張江は、人と上手にコミュニケーションがとれるようになった。ってか、人間に関心を持つようになった。
順は、小屋入り中にやらかさなくなった。順なりに考えて行動するようになった。
ブンブンは、稽古に来るようになった。笑)でも、柔軟なアイディアを作品に投影するようになった。
ひーたんは、頼まれたことに対して嫌な顔ひとつせず請け負ってくれる器量の大きさがすごく見えるようになった。
高梨は、ただ聞き上手なだけじゃない、面白い一面やアクティブな一面が見られるようになった。
佐原はー…まだ短い付き合いだから何とも言えないけど、なんか、すごく、頼ってくれて嬉しかった。彼の一言一言が、あたしのガソリンになってたよ、相棒。
うっすーは、「ありがとう」と「ごめん」が言えるようになった。

あ、すごく偉そうですね、あたし。予想以上に偉そうですね。
気分を害された方はごめんなさい。でも、どれもあたしの本音で、どれもあたしにとっては涙が出るくらい、はぁ…ってなる成長なんです。
ここに書いてないメンバーにもたくさん助けられたし、絆は深いです。US-PRを影でたくさん支えてくれました。



とにかく、「愛おしい」です。

愛おしくてたまらないです。




最後に。
今回のUS-PR#4でブンブンが「UNIVERSITY」のシーンで「1日を24時間だと思わない」って台詞があります。この台詞、大好きで、ってか、あたしの大学生活、これだったなって思います。
常にbeyond limit!!若い大学生のときにlimit設けて何が楽しいの、みたいな。無茶な生活リズムで体を壊したり単位を逃したこともあったけど、でも、この春、無事に卒業できて、あたしの大学生活まちがってなかったなって、悔いなく思えます。
ご来場くださった後輩から、「もっと先輩方と早く出会いたかった」と言われました。すごく素敵な、ありがたい言葉だなって思います。どうか、まだ明治大学に残る後輩ちゃんたち、悔いのない、いっつも全力な、大学生活を送ってくださいね。


あー、長くなっちゃった。
ここで終わりにします。
最後に写真載せます。あたしが一番好きなやつ。ってか、US-PRらしいなって思う、照明。

d0217722_4195023.jpg


最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。
金原でした。
[PR]

# by us-produce | 2012-02-18 04:24 | お別れのあいさつ